車買取の際の名義変更について

車買取の際には、車の所有権が自分から買取業者に移るため、名義変更が必要です。といっても、ディーラーや中古車専門店など、専門業者が買取した場合、名義変更の手続きを代行してもらえることが多く、ユーザーは名義変更のために必要な書類を用意するだけで済みます。

ただし、名義変更の手続きが有料である場合もあるので、費用によっては自分で行ったほうが良いかもしれません(自分で行う場合も多少の費用はかかります)。もしも買取査定後にそのまま売買契約を結ぶ可能性があれば、その場で名義変更できるよう、必要書類を揃えておいたほうがよいでしょう。

また、買取業者ではなく、個人間で車を売買した場合も、自分で名義変更の手続きを行う必要があります。その場合、軽自動車と普通自動車で名義変更の手続きが異なっており、手続きする場所も、軽自動車は軽自動車審査協会、普通自動車は陸運局になります。

普通自動車の場合は、陸運局へ行く前に最寄りの警察署へ行き、新しい所有者の車庫証明を手に入れましょう。個人間で名義変更を行う際には、基本的に買い手と売り手の双方の立ち会いとなりますが、無理な場合は、買い手だけでも手続きできます。

アウディ 故障

ヴェルファイアの評価

ヴェルファイアは、アルフォードのフルモデルチェンジに伴い販売された大型ミニバンです。上品で落ち着いた外観のアルフォードに比べ、ヴェルファイアはよりアグレッシブルで先進性の高いフロントデザインを採用しました。

その結果、若者を中心に人気が高く、売却する際もヴェルファイアの方がアルフォードよりも高値となる傾向があるようです。シートアレンジが多様にでき、サードシートの跳ね上げも簡単ですので、自転車やゴルフバッグなども簡単に詰め込むことができると評判です。

室内空間が広いので、送迎や旅行の際も便利ですが、ボディサイズが大きいので駐車場に入れるときなどは苦労するかもしれません。インテリアについては意見は分かれており、そこそこ高級感があって満足できるという意見と、高級車なみの価格の割に質感が低いという意見があります。

乗り心地に関しても、軽快でスポーティな走りであるという評価がある一方、操舵性や走行安定性については同クラスの他メーカーの方がよいという意見もあります。ヴェルファイアはユーティリティに富んだミニバンですが、品質に満足できるかどうかは、実際に乗車してみて確かめることが必要です。

BMW 故障

ステップワゴンの特徴

ステップワゴンは、本田技研工業が1996年に販売を開始したミニバン型の乗用車です。当時、日本のワンボックス型乗用車の多くが後輪駆動レイアウトを用いていた中で、箱形ミニバンのデザインは大変印象的であり、徹底したコストカットのために価格帯も184万円からとお手頃価格だったため、売れ行きは非常に好調でした。

3代目では、室内高を保ちつつ、より低床化・低重心化して全体のサイズダウンを図り、両側スライドドアやタンブルシートの採用などで利便性もアップしました。また、燃費性能の向上も図り、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」「平成22年度燃費基準」を達成しています。

2009年から生産されている4代目も低床・低重心パッケージをベースにしており、2代目から続くファミリー用ミニバンとしてのコンセプトをもとに開発されています。4代目は、3代目のダウンサイジングからは逆行する形となり全体的に延長されましたが、室内高1,395mmという広々とした室内空間を実現しつつ、5ナンバーサイズに収めています。一部グレードには、世界最大級のガラス面積を誇るスカイルーフを採用し、開放感を高めています。

ベンツ 故障

車の売却と自動車税

自動車を所有していると、自動車税がかかります。自動車税は排気量によって課税される都道府県税であり、自動車取得税や自動車重量税とは異なります。乗用車の自動車税は、1リッター以下の場合29,500円、1.5リッター以下の場合34,500円となります。それ以降は500ccごとに5,000円ずつ増加し、最高は76,500円です。

自動車税は、4月1日に年度内の費用を全額支払うこととなっていますが、前払いとなりますので、自動車を売却した場合はそのぶんお金が戻ってきます。そして自動車の新しい所有者が、年度内の残りの自動車税を支払うこととなりますが、個人だけでなく、買取専門店が所有者となった場合も同様です。気を付けなければいけないのは、悪質な買取専門店の場合、利用者がそのことを知らないと何も言ってこない場合があります。

自動車を売却する際は、必ず自動車税が戻ってくるか確認を取るようにしましょう。ちなみに、軽自動車の場合は月割制度がないため、購入した年度内は支払う必要はありません。2年目以降の軽自動車税は乗用車の場合、年間7,200円、商用車は4,000円となっています。

車 査定 オンライン

ポルテとスペイドの違い

ポルテとスペイドはともにトヨタから販売されているコンパクトカーです。
初代ポルテはコンパクトでしたが、車高がおよそ1.7mと非常に高く、ドアは右フロントと左側の大型スライド式のみとなり、乗降性や機能性重視の自動車でした。
しかし、新型ポルテはよりファミリーカーとしての側面を重視し、車幅が若干広くなり、全高が30mmほど下がることで安定感が増しました。
デザインもスクエアオーバルをモチーフとしたスマートなものとなっており、角も取れています。
それに対して、スペイドは基本メカニズムは共通していますが、ポルテが主婦などのファミリー層を狙っているのに対し、スペイドはアクティブな若者を狙っています。
そのため、スペイドのデザインは水平基調に張り出したフロントなどによって、よりクールな印象を増しています。
また、ボディカラーもスペイド専用のカラーが2色追加され、8色の中から選べます。
旧式ポルテと同様、両車にもワイヤレス電動スライドドアが助手席側についており、さらに右リアにスイング式のドアが加わっており、乗降性がアップしています。
また、室内空間が非常に広々としており、多彩なシートアレンジも可能です。
車 査定 概算