自動車の売却額が高くなるボディーカラー 

自動車のボディカラーは、白や黒など標準的なカラーの他にもブルーやレッドなど、様々なものが存在しており、ボディカラーを選ぶことも自動車を購入するときの一つの楽しみです。
しかし、購入するときは値段の変わらないボディカラーも、自動車を売却するときには5万~10万近くも買取価格に反映されることがあります。
乗り潰すならともかく、数年後に下取りに出す可能性があるのなら、査定時にプラス査定になるようなカラーの自動車を購入した方がお得といえます。
自動車の査定時にプラス査定がもっとも期待できるボディカラーは、流行などの影響を受けない白や黒です。
また、明るめのシルバーや、爽快感のあるパール系のブルーも人気が高いですし、高級感のあるメタリック系のレッドやバイオレットなども個性的で人を惹きつけます。
しかし、白や黒と比べると、レッドやバイオレットは需要が少ないといえます。
個性的なボディカラーは、販売店で予約や希望などが入っていない限り、プラス査定になることはあまりありません。
しかし、限定色であまり出回っていないボディカラーは、希少価値がついてプラス査定になる可能性が高いです。
車 買取 オススメ