社外パーツがあると査定額がアップする?

中古車を査定に出すときにチェックされる項目の一つが、オプションパーツが純正品か社外品かということです。
新車購入時の装備品のことを純正パーツといい、あとから付け替えた他社製品を社外パーツと呼びますが、一昔前は社外パーツの質はあまり良くなく、マイナス査定の要因の一つとなっていました。
しかし現在は、社外パーツも良質なものが増えており、社外パーツの性能次第ではプラス査定もありえます。
しかし、オプションパーツは性能だけでなく、その車種に見合ったものかどうか、センスやバランスなども判断基準の一つとなりますので、純正パーツがあることに越したことはありません。
また、中古車を市場に再流通させることも考えると、純正パーツが揃っている中古車の方が、買い手にとっても安心です。
ですので、社外パーツに交換する場合も、純正パーツはどこかに保管しておきましょう。
中古車を査定するときには、純正パーツは別にして渡せばよいので、わざわざ社外パーツを取り外す必要はありません。
しかし、査定に通らないような社外パーツの場合は外し、純正パーツと交換しておいた方が印象はよくなるでしょう。
車 買取 シュミレーション