ポルテとスペイドの違い

ポルテとスペイドはともにトヨタから販売されているコンパクトカーです。
初代ポルテはコンパクトでしたが、車高がおよそ1.7mと非常に高く、ドアは右フロントと左側の大型スライド式のみとなり、乗降性や機能性重視の自動車でした。
しかし、新型ポルテはよりファミリーカーとしての側面を重視し、車幅が若干広くなり、全高が30mmほど下がることで安定感が増しました。
デザインもスクエアオーバルをモチーフとしたスマートなものとなっており、角も取れています。
それに対して、スペイドは基本メカニズムは共通していますが、ポルテが主婦などのファミリー層を狙っているのに対し、スペイドはアクティブな若者を狙っています。
そのため、スペイドのデザインは水平基調に張り出したフロントなどによって、よりクールな印象を増しています。
また、ボディカラーもスペイド専用のカラーが2色追加され、8色の中から選べます。
旧式ポルテと同様、両車にもワイヤレス電動スライドドアが助手席側についており、さらに右リアにスイング式のドアが加わっており、乗降性がアップしています。
また、室内空間が非常に広々としており、多彩なシートアレンジも可能です。
車 査定 概算