車の売却と自動車税

自動車を所有していると、自動車税がかかります。自動車税は排気量によって課税される都道府県税であり、自動車取得税や自動車重量税とは異なります。乗用車の自動車税は、1リッター以下の場合29,500円、1.5リッター以下の場合34,500円となります。それ以降は500ccごとに5,000円ずつ増加し、最高は76,500円です。

自動車税は、4月1日に年度内の費用を全額支払うこととなっていますが、前払いとなりますので、自動車を売却した場合はそのぶんお金が戻ってきます。そして自動車の新しい所有者が、年度内の残りの自動車税を支払うこととなりますが、個人だけでなく、買取専門店が所有者となった場合も同様です。気を付けなければいけないのは、悪質な買取専門店の場合、利用者がそのことを知らないと何も言ってこない場合があります。

自動車を売却する際は、必ず自動車税が戻ってくるか確認を取るようにしましょう。ちなみに、軽自動車の場合は月割制度がないため、購入した年度内は支払う必要はありません。2年目以降の軽自動車税は乗用車の場合、年間7,200円、商用車は4,000円となっています。

車 査定 オンライン