車買取の際の名義変更について

車買取の際には、車の所有権が自分から買取業者に移るため、名義変更が必要です。といっても、ディーラーや中古車専門店など、専門業者が買取した場合、名義変更の手続きを代行してもらえることが多く、ユーザーは名義変更のために必要な書類を用意するだけで済みます。

ただし、名義変更の手続きが有料である場合もあるので、費用によっては自分で行ったほうが良いかもしれません(自分で行う場合も多少の費用はかかります)。もしも買取査定後にそのまま売買契約を結ぶ可能性があれば、その場で名義変更できるよう、必要書類を揃えておいたほうがよいでしょう。

また、買取業者ではなく、個人間で車を売買した場合も、自分で名義変更の手続きを行う必要があります。その場合、軽自動車と普通自動車で名義変更の手続きが異なっており、手続きする場所も、軽自動車は軽自動車審査協会、普通自動車は陸運局になります。

普通自動車の場合は、陸運局へ行く前に最寄りの警察署へ行き、新しい所有者の車庫証明を手に入れましょう。個人間で名義変更を行う際には、基本的に買い手と売り手の双方の立ち会いとなりますが、無理な場合は、買い手だけでも手続きできます。

アウディ 故障